家庭教師に個別で指導してもらい成績向上を目指す|中学生向け勉強法

対策しておくべき問題

勉強

慣れることが大切です

小論文は、入試や就職試験などで頻繁に出題される問題の内の一つです。明確な答えがある問題ではないので、出来るだけ書くのに慣れておくことが有効な対策法の一つです。小論文において大切なのは、書き出しです。長い文章を書く、ということに慣れていない人だと特に最初の書き出しをどのようにしたら良いかわからず、問題を解くのが進まなくなってしまう場合があります。そのようなときは、単純な書き出しを意識するのがおすすめです。例えば、AかBのどちらかが正しい、という小論文を書く場合は、このような事案においてからAが正しい。などと、最初に結論を書いてしまいます。後は、その書き出しに沿って、そう述べる根拠や理由を書いていけば簡単に小論文を完成させることが出来ます。このように、小論文の書き出しは必ずしも難しい言い回しや引き付ける文章でなくても良いのです。単純、かつ読みやすい文章にする、ということが何よりも重要になってきます。しかし、それでもどうしても書き出しが浮かばないという場合でも、とにかく何か一つ文章を書いてみるということが大切です。また、小論文の書き出しさえ書いてしまえば、後の文は不思議とすらすら浮かんでくるという場合も多いのです。このように、小論文に慣れるということは、書き出しに慣れるということなのです。それから、友人や家族に小論文を見せたり、通信講座などを使って添削してもらったりして、数をこなすことが大切です。